レポート/コラム

GOGO研修医|03|研修での経験を一つ一つ積み重ねて

初期臨床研修1年目/齋藤 元一
1978年生まれ、宮城県出身、岩手医科大学医学部卒業

医師として活躍する父の姿を見て育ち、自然と医師を志すようになりました。東北大学病院は、神経内科の専門医を目指す私にとって、稀少な疾患の治療に携わりながら、確実に力をつけられる環境です。実際、心肺蘇生や手術前の気管挿管など、医師として必要な技術が身に付き、少しずつですが自信もついてきました。仕事が終われば同期と食事に行ったり、自宅で趣味に没頭したりと、リフレッシュの時間も大切にしています。修了までの残り一年、医師として良いスタートが切れるよう、しっかり研修に臨みたいと思います。

研修ローテート

神経内科 消化器内科 循環器内科 血液・免疫科 麻酔科

宮城の暮らしと休日の過ごし方
家でゆっくりするのが好きです。映画や読書やゲームを楽しんでいます
趣味
ジャンルにこだわらずに映画を見ています
お気に入りスポット
国分町。たくさんお店があって楽しいです
仙台の魅力
とても暮らしやすいです。東北地方ですが、冬も過ごしやすいです

GOGO研修医|02|新しい場所で 切り拓く、医師への道

初期臨床研修1年目小山 千佳
1991年生まれ、宮城県出身、岩手医科大学医学部卒業

病理専門医を目指しているので、研修は大学病院と決めていました。東北大学病院を希望したのは、出身大学以外の新しい環境で自分を試してみたいと思ったからです。初めての土地で大変なことも多いですが、同期に恵まれ、充実した毎日を過ごしています。研修が始まって半年が経ちました。自分が診療した患者さんが退院されるときの喜びを知り、また多くの先輩から様々な医師のあるべき姿を学んでいます。まだ迷いもありますが、患者さんやスタッフの言葉をきちんと受け止めることができる医師になりたいと思っています。

研修ローテート

消化器内科→血液・免疫科→救急科→精神科

宮城の暮らしと休日の過ごし方
散歩をしたり音楽を聴いて過ごしています
趣味
趣味は…見つかっていません!
お気に入りスポット
「バーニャのパン」。すぐに売り切れてしまう人気のパン屋さんです。
仙台の魅力
仙台は程よく都会で何でも揃っているので、とても暮らしやすい街です。

GOGO研修医|01|研修期間は、多くの先輩から学べる 貴重な時間

初期臨床研修2年目/本間 文佳
1991年生まれ、埼玉県出身、帝京大学医学部卒業

両親が医師だったこともあり、自然と医師を目指しました。多くの診療科と、自由度の高い研修プログラムがある東北大学病院で、じっくり専門を見極めたいと思い研修を決めました。先日、透析で通院することに不安を感じていた視覚障害のある患者さんが、「一人で過ごす時間が減ることは決して悪いことではない」という主治医からの言葉に、治療に前向きになった姿を目の当たりにし、医学的な治療だけが医療ではないと感じました。指導医のさまざまな考え方に触れられるのも、この研修の魅力です。

研修ローテート

腎・高血圧・内分泌科 救急科 小児科 精神科 総合感染症科 呼吸器内科 循環器内科 血液・免疫科 神経内科

宮城の暮らしと休日の過ごし方
家族や他病院で研修中の同期と会っています。穏やかで優しい同期の存在は、私の癒やしです。
趣味
音楽鑑賞。最近はゆずのベストアルバムをヘビロテです!
お気に入りスポット
東北大学植物園。ジブリの世界にいるようで癒やされます。
仙台の魅力
夏が涼しくて快適!美味しい食べ物がたくさんあるのが魅力。