小児科/小児腫瘍科

小児科/小児腫瘍科|初期研修要項

定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2~3名(同時期に各サブグループ内では1名のみ)

指導体制

  • 指導医が一対一で指導する。チーム制。
  • 初期研修 指導医数  6人
  • 初期研修 専門医数  15人

研修期間

  • 4週(8週間以上が望ましい)

研修内容および方法・手技

  • 何れかの小児のサブグループ(血液・腫瘍・免疫、循環器、新生児、腎臓、神経、内分泌、代謝異常)を選択し、基本的に病棟診療グループにつく。病棟での研修を主とするが、適宜専門外来でも研修。
  • 実施する手技は、各分野ごとに細別。(例 血液・腫瘍・免疫:採血、骨髄穿刺、腰椎穿刺、セデーションなど、神経:神経学的診察、採血、腰椎穿刺、セデーション、画像判読、脳波検査など)

研修到達目標

  • 小児の診察を抵抗なくでき、保護者とのコミュニケーションがとれる。
  • 小児患者の採血や点滴ができる。
  • (研修期間8週間以上の場合)小児患者の全身状態の把握ができる。小児の特性を理解し、輸液や抗菌薬などの薬剤投与を適切に行うことができる。

研修スケジュール

午前 病棟 (外来) モーニングカンファレンス
病棟
病棟 (外来) 病棟 (外来) 病棟 (外来)
午後 病棟 (外来) 病棟
症例検討会
イブニングカンファレンス (第二)
病棟 (外来) 病棟 (外来) 病棟 (外来)

小児科 ホームページ