脳神経外科領域

脳神経外科領域|後期研修要項

脳神経外科専門研修 東北大学大学院医学系研究科プログラム(平成30年度開始)は、日本専門医機構による二次審査を通過しました。研修内容の詳細はプログラムをご確認ください。なお、日本専門医機構より、専攻医システムへの登録確定前に、希望する研修プログラムの基幹施設と事前調整することが推奨されております。研修をご希望の方は、専攻医登録前に、下記担当宛てご連絡をお願いいたします。

プログラム名

脳神経外科専門研修 東北大学大学院医学系研究科プログラム

募集定員

10名

研修期間

4年

プログラムの特徴

脳神経外科診療の対象は、国民病とも言える脳卒中(脳血管性障害)や脳神経外傷などの救急疾患、脳腫瘍に加え、てんかん・パーキンソン病・三叉神経痛・顔面けいれん等の機能的疾患、小児疾患、脊髄・脊椎・末梢神経疾患などです。
脳神経外科専門研修では、初期臨床研修後に専門研修プログラム(以下「プログラム」という)に所属し4年以上の定められた研修により、脳神経外科領域の病気すべてに対して、予防や診断、手術的治療および非手術的治療、リハビリテーションあるいは救急医療における総合的かつ専門的知識と診療技能を、獲得します。脳神経外科は基本診療科となりますので、修了後、専門医資格の取得が可能となります。当プログラムでは豊富な連携施設・関連施設に支えられた充実した症例経験を活かして、脳血管障害や外傷といった一般脳神経外科から、機能的脳神経外科・脊椎脊髄・小児などの専門領域まで、隙間のない教育を提供しています。また、東北地方の関連施設による地域医療研修を必ずローテーションに含めているのが特徴です。研究活動を重視し、医学博士号取得を目指した教育を専門研修と並行して積極的に行い、国際的な競争力を持った専門医の育成を目指しています。基幹施設を中心に連携施設が集まる定期カンファランスにて、教育的発表とディスカッション、症例検討の場を設けています。また、年に2回の定期セミナーでは、国内・国際的に著名な脳神経外科医・研究者を招いて若手医師の教育の場としています。

専門研修施設群

連携施設 青森県立中央病院/いわき市立総合磐城共立病院/岩手県立中央病院/八戸市立市民病院/仙台医療センター/仙台市立病院/広南病院/さいたま赤十字病院/岩手県立磐井病院/独立行政法人国立病院機構宮城病院/古川星陵病院/仙石病院/宮城県立がんセンター/大崎市民病院/みやぎ県南中核病院/宮城県立こども病院
関連施設 秋田大学医学部付属病院/山形大学医学部附属病院/北里大学病院/京都第一赤十字病院/大原綜合病院附属大原医療センター/石巻赤十字病院/米沢市立病院/帯広第一病院/岩手県立胆沢病院/気仙沼市立病院/総合南東北病院/国立国際医療研究センター国府台病院/仙台東脳神経外科病院/白河厚生総合病院/医療法人社団親和会西島病院/医療法人厚友会城西病院/鹿沼脳神経外科/NTT東日本関東病院/社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院/坂総合病院/東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野

お申し込み・お問い合わせ

脳神経外科  齋藤  竜太
〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1番1号
TEL:022-717-7278
E-mail:ryuta*nsg.med.tohoku.ac.jp
メールをお送りいただく際は、「*」を「@」に変更してください。

脳神経外科のホームページ