脳神経外科

脳神経外科|初期研修要項

定員(同時期に受け入れ可能な人数)

3名まで

指導体制

  • 指導医が一対一で指導
  • 主治医制
  • 指導医数 7人
  • 専門医など
  • 日本脳神経外科学会認定専門医 8名(うち指導医7名)
  • 日本脳卒中学会専門医 5名
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医 3名(うち指導医1名、教育施設認定済み)
  • 日本がん治療認定医機構認定医 2名
  • 脳卒中の外科学会指導医 2名
  • 日本てんかん学会認定専門医 1名
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医 1名

研修期間

  • 8週間以上が望ましい

研修内容および方法・手技

  • 主治医の指導の元、病棟の入院患者5名程度の担当医となる。
  • 術前の神経学的所見、画像所見による診断と治療方針の決定について理解する。
  • 助手としての手術手技、術後管理を習得する。
  • 週1回、総回診のほか、術前術後、放射線画像、放射線治療、脳腫瘍病理の各カンファレンスに参加する。

研修到達目標

  • 神経学的所見、画像所見から適切な診断と治療方針の決定ができる。
  • 脳神経外科手術患者の周術期管理ができる。
  • 各種カンファレンスで technical termを用いた症例呈示ができる。

研修スケジュール

午前 医局会
抄読会
手術
術後カンファレンス
総回診
手術
術前カンファランス
手術
モーニング
カンファレンス
午後 放射線治療カンファレンス
放射線画像カンファレンス
脳腫瘍病理カンファレンス

脳神経外科 ホームページ