呼吸器外科

呼吸器外科|初期研修要項

定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名まで

指導体制

  • チーム制
  • 指導医数 10人
  • 専門医数 10人

研修期間

  • 8週間以上が望ましい

研修内容および方法・手技

  • 病棟の患者約10~12人の主治チームに所属して病棟業務に従事する。
  • 気管支鏡検査に参加する。
  • 週1~2回呼吸器外科手術に参加する。
  • 週1回術前カンファレンスに参加(症例・治療方針呈示)する。
  • 週1回総回診に参加(症例呈示)する。

研修到達目標

  • 気管支鏡検査を安全に実施でき、その結果を理解・説明できる。(10例以上)
  • 日常遭遇することの多い、自然気胸、肺癌、縦隔腫瘍などの診断、治療法の選択、術後管理が適切にできる。(20例以上)
  • 開胸・閉胸手術操作などの基本的な外科手術手技を習得する。(4例以上)
  • 胸腔ドレーンの挿入処置と管理が適切にできる。(4例以上)
  • 気管切開、気管内挿管などによる気道確保の手技が実施できる。(2例以上)

研修スケジュール

午前 気管支鏡検査 手術 / 病棟 手術 / 病棟 気管支鏡検査手術 / 病棟 総回診
午後 病棟 手術 / 病棟 手術 / 病棟 病棟 / 術前カンファレンス 病棟

呼吸器外科 ホームページ