皮膚科

皮膚科|初期研修要項

定員(同時期に受け入れ可能な人数)

6名まで

指導体制

  • 指導医が一対一で指導する(病棟)。
  • 症例により個別に指導医が指導(外来)。
  • 指導医数  10人
  • 専門医数  10人

研修期間

  • 8週間以上が望ましい

研修内容および方法・手技

  • 外来新患患者の予診をとり、指導医の診断のもとに皮膚疾患の診断までのプロセス、検査の進め方、治療法について学ぶ。
  • 病棟では指導医の指導のもと病棟業務に従事する(月約6人を担当)。
  • 外来でのクリニカルカンファランスに参加する(随時)。
  • 週1回症例検討会、組織検討会に参加する。
  • 週1回総回診に参加する。
  • 皮膚外科手術に参加する。

研修到達目標

  • 皮疹の見方を理解する。
  • 皮膚所見を正確に記載できる。
  • 皮膚生検や皮膚の縫合術を行える(到達目標10人以上)。
  • 消毒やドレッシングなど創の管理を行える (到達目標10人以上) 。
  • 湿疹、白癬などの一般的な皮膚疾患が治療できる 。
  • 薬疹の対処方法・判別方法を理解する。

研修スケジュール

午前 外来
あるいは病棟
総回診後外来
あるいは病棟
外来
あるいは病棟
外来あるいは
病棟ないしザール
外来
あるいは病棟
午後 外来 症例検討会 外来
あるいはザール
外来あるいは
病棟ないしザール
外来

皮膚科 ホームページ