心療内科

心療内科|初期研修要項

定員(同時期に受け入れ可能な人数)

2名まで

指導体制

複数指導医がグループ制で指導する。

指導医数
日本内科学会指導医 6名
日本心身医学会指導医 6名
専門医数
日本内科学会総合内科専門医 5名
日本内科学会認定内科医 3名
日本心身医学会専門医 8名
日本心療内科学会専門医 8名
日本消化器病学会専門医 5名

研修期間

4週以上

研修内容および方法・手技

  • 病棟の患者約8人の主治医(チーム制)となり病棟診療を行う。
  • 外来の問診及び検査を担当する。
  • 週1回のカンファランス・総回診、診断会議、抄読会及びリサーチミーティングに参加・発表する。
  • 月1回の症例検討会に参加する。

研修到達目標

  • 病棟主治医となり診察、診断、治療を行う。(到達目標 10人以上)
  • 基本的な問診及び検査を実践し、心身症、一般内科の診断をすることができる。(10例)
  • 基本的な薬物療法を実践できる。(20例)
  • 心理検査を実践でき、その結果を理解・説明できる。(20例)
  • 消化管内視鏡検査、消化管造影検査及び精神生理学的検査の補助ができる。(20例)

研修スケジュール

午前 病棟回診 病棟回診
(外来検査)
総回診 病棟回診 病棟回診
(内視鏡検査)
午後 検査・治療 検査・治療 カンファランス 検査・治療 検査・治療

心療内科 ホームページ