地域医療重点プログラム

3|地域医療重点プログラム

東北大学病院の多層的なネットワークを生かし、地域医療に必要な全分野を網羅できる充実の2年間で、未来の地域医療を担う医師を養成します。地域の中核病院から診療所まで地域医療に関連する全カテゴリーで研修することにより、「ローカル」としてではなく「コミュニティ」としての地域医療の連携を肌で感じ、深い理解を得ることができます。

必修科 選択必修科
内科6ヶ月(原則1年目)
救急3ヶ月(原則1年目2ヶ月、2年目1ヶ月)
地域医療1ヶ月(原則2年目)
以下5診療科から2診療科以上選択
小児科(1ヶ月以上)、精神科(1ヶ月以上)、
産婦人科(1ヶ月以上)、外科(2ヶ月以上)、
麻酔科(2ヶ月以上)

※1年目の4-6月は、当院で研修を行います。
※3次救急施設で10か月、2次救急施設で6か月の研修を行い、県内の多様な機能を持つ医療機関を経験出来る。
※宮城県医学生修学資金利用者に対し、本プログラムで研修を行った場合に限り、基幹拠点・拠点病院研修期間16ヶ月を指定医療機関勤務とみなし、義務年限にカウントします。

スケジュール例

1年目
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
本院 第3次救急施設
選択必修科 高度救命センター研修 内科研修
2年目
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
大崎市民病院、石巻赤十字病院、
みやぎ県南病院の中から1施設を選択
気仙沼市民病院、登米市民病院、栗原市立栗原中央病院、
公立苅田総合病院の中から1〜2施設を選択
本院
選択科研修 地域医療研修 自由選択科目 高度救命センター研修 選択研修
  • 東北大学病院
  • 協力病院・施設